セパレート型キッチンへの改修

no.f20-00217:福岡県

#セパレート型キッチン(シンクと熱源を別々に配置)
#BOSCH(ボッシュ)食洗機
#デュポン・コーリアン天板:ヘーゼルナッツⅡ

熱源側(背面) W3,100xD650 シンク側 W1,600xD900
背面側にシンクも並べる広さがありますがカウンターに物を出さず生活するため、また同時に数人で使う動線も配慮してセパレートタイプを選ばれました。

以前のL型キッチンを並列型に改めたおかげで左側 にパントリーへの入り口が新しく配置され、ストックだけでなく家電もパントリーへキッチンが煩雑になりません。
入口にはステンドグラスが組み込まれました。

熱源はガス、新色のコパー色をチョイス。最新のガスコンロは温度調節機能が目覚ましく使いこなすと調理が楽しくなります。
魚焼きグリルも充実。焼き魚も更に上手に仕上がります。

シンク側は対面のためハンドルは見えません。 握りやすいハンドルはタオル掛けの役割も・・・
オールドアの食洗機が完備されていますが操作パネルが見えないためすっきりした印象です

背面収納側にはハンドルは付けず、手かけ加工による扉との溝部分に手をかけて開閉します。
これによりダイニング側から見える表情がすっきりします。
右端のスパイスラックから左端の収納までラインが揃ってきれいです。

リビング・ダイニング側とのカラーバランスは重要。
扉の色が決まり天板との組み合わせはお嬢様のコーディネイト。
ナラ柾目を染色し、天板とのカラーリングが絶妙にまとまりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です